fc2ブログ

記事一覧

1021年10月 休養

先月は百々花ちゃんのお子、風馬が来訪し…

oreshika_0044_201903220117043fe.jpeg 
お母さんである百々花ちゃんが戦死してしまいました…


非常に暗く重い空気が流れる頭一家。1021年10月の様子です。



はぁ…辛い…いや…後ろの人が悪いんですけど…もうこの辺苦しすぎて何報告あったか全然覚えてません。スクショ見ながら考えよ。

oreshika_0045_20190402232215a7e.jpeg 
そういえば強化月間だったんですね。

oreshika_0046_20190402232216ab5.jpeg
鼓守と百々花ちゃんが頑張った分。町内会費は月いくらなのか…

oreshika_0047_20190402232218464.jpeg
それから、嵐が風馬に訓練つけてくれた分ですね。

oreshika_0048_2019040223221904d.jpeg
…お、頑張ってる頑張ってる。技水だけ2桁行きませんでしたが、十分でしょう。心火なんか40越えてるし、嵐と風馬で気が合ったのかもしれないですね。

…そしてね。苦しい空気ですが、それを変えてくれる嬉しい出来事がひとつ。

oreshika_0049_201904022326183c9.jpeg 
じゃん!鼓守の子供が来ました!待ってましたよ~

oreshika_0050_20190402232620bdd.jpeg
うんうん、喜びますとも。この空気を是非一変させてやってください!

oreshika_0051_20190402232621bab.jpeg
また男の子か!そして野菜嫌いか!肉食系男子!元気が良さそうでいいですね。




oreshika_0052_20190402232623597.jpeg
あらまぁ、可愛いつくし。


…ん?







oreshika_0045_2019032023052794d.jpeg 
こちら、お父さんとお母さん。




…んん?





oreshika_0052_20190402232623597.jpeg 
     >>閃光のつくしんボーイ爆誕<<


んふふふふwwwwwこれ以上ないイケメンと美女カップルだったじゃないのwwwwここでまさかのモヒカンwwww紅子様大困惑案件じゃないのよwwwwww

カラーは火肌に土髪…それから…ええと。めっちゃ拡大してみたら土目かなぁ?と思ったのですが、目の色だけはちょっと合ってるか不安…羚平の時も似たようなこと思った気がするな。


とりあえずステータス見る?
oreshika_0054_20190402233503bc1.jpeg 
お、いいねいいね。

相変わらずびよんびよんしてるので読み取れない後ろの人が見るとアレなんですけど…あれだけバランス良かった鼓守とは違って得意不得意がはっきりした感じですかね。軒並み土が高い。技のバーの伸びが控えめな印象ですが、それでも体は風以外高いし、うんうん悪くないです。

心は火と土が高いのかぁ…結構イケイケな感じ?でも何も考えずに突っ込むとかそういう訳じゃなくて、ちゃんとやるにあたって土台は踏み固められるみたいな。目標に向かって黙々とやることこなすタイプ?趣味も掃除みたいだし。

はい。いつも通り名前と職業一緒にドン!

oreshika_0055_20190402233504e45.jpeg
大筒士にしました!

折角取ってきた指南書ですから使いたい!今持ってるツブテ吐きは土属性武器なので相性は悪くない筈。体風能力が不安なとこありますが、それ以外は軒並み高そうだし、まあなんとかなるでしょう。またそういう適当なこと言うからあとで困るんじゃないかとかそういう不安もありますが…ははは…

あとはね、いかついとか体格が大きい子が男大筒士の衣装着てるの…好きなんですよね(また好みの問題…)

名前は「火熊(ヒグマ)」君ですね
20190401@火熊 
勿論、動物の羆(ヒグマ)から取りました。滅茶苦茶大きくなる熊さんです。風馬の名前を考えた時に、連続交神するんだから対になる名前がいいなと思っていたのと、このカラーリングと見た目だったら熊!熊合うよね!ってなった為。相変わらず単純だよ。対にする上で属性の火を入れたのはそのまま羆の読みと同じ「ヒグマ」になるのと、モヒカンだと肌も目立つので火肌要素。それから大筒だからね。火を噴くぜ!的な…(?)

フウマとヒグマ。音の響きもいいんじゃない?後ろの人、そういうの大好きだからね。


oreshika_0056_2019040223350598e.jpeg
紅子様、大困惑してない?大丈夫?

oreshika_0057_2019040223350768f.jpeg
文字が並んだ感じも良いじゃない。

oreshika_0058_201904022335081cb.jpeg
風馬も頑張ってたと思うのよね…うん…

oreshika_0059_2019040223571484e.jpeg 
米はやや値上がり。

oreshika_0060_20190402235715647.jpeg
九重楼かぁ…んんんん…どうしようか…


どうしようかねぇ…

oreshika_0061_201904022357178fe.jpeg
…はぁぁぁ…百々花ちゃんがいない…

oreshika_0062_20190402235719798.jpeg
嵐も、今月が最後です。大江山討伐メンバーで最後まで残ってしまったのが嵐になるなんて…もうこの時の後ろの人の気持ちは潰れそうなくらい痛かった…

oreshika_0064_20190403000001a44.jpeg 
嵐、1才8ヶ月かぁ…なんか頭一家ってこれまで1才10ヶ月越した子いないんですけど…?どゆこと?

とりあえず今月の行動考えなきゃならないんですけど…ですけどぉ…

oreshika_0065_20190403000003c41.jpeg

oreshika_0067_20190403000004939.jpeg
正直な話していい?ほんとこの時何も考えられなくて。

oreshika_0068_20190403000006e42.jpeg
風馬迎えて、火熊を迎えて、さあこれから新しい世代で頑張っていくぞって時にミスやらかして。どこか討伐に行ってまたミスやらかしたら…?何かあったら…?そもそも誰で討伐に行くの…?もうそんな思いがぐるぐる頭を巡るばかりで。

もしかしたら、家の雰囲気もそんな感じだったのかな。

oreshika_0069_20190403000455c95.jpeg 
ここで決定してしまうと、避けられない別れと向き合わなきゃならない…でも。

oreshika_0070_20190403000456126.jpeg
どこかへ鬼を斬りに行く気力も…もう無かったんだよなぁ…

結局今はまだ討伐メンバーに入れることができない若手の育成に逃げてしまいました。



そうやってひと月。家族4人でできることをなんとかやっていたある日。


oreshika_0071_20190403000458413.jpeg
…うん。まあそうなるよね。


oreshika_0072_20190403000843552.jpeg 
あぁぁ…嵐…お別れなんてやだよぉ…

oreshika_0073_20190403000844022.jpeg
…はい。

oreshika_0074_20190403000845bff.jpeg
…次の当主はあんまり悩みませんでした。

oreshika_0075_201904030008472e7.jpeg
鼓守です。
嵐にとって、鼓守は希望の子だから。絶対的に大変で辛いことしかないのは分かりきってる…でも。この状態で、嵐が当主の指輪を渡すのは鼓守一択だ。そう思いました。

oreshika_0076_2019040300084813f.jpeg
後ろの人も、絶対忘れないよ。




oreshika_0077_20190403001306121.jpeg 
暦珠ちゃんと、爆円様の子だったんだよなぁ…そうだなぁ…
陽天と暦珠ちゃんが初めて大江山に挑戦して、ひと月で帰ってきて。そのまま交神して生まれたのが嵐でした。座右の銘が感謝で、変わってるけど大物かも…なんて言われながら家に来ましたね。当時、土下座でもしながら何に対しても感謝してるのかと言っちゃったのは言い過ぎかなぁと後から思いましたが…家を明るくしてくれるムードメーカーであることには変わりなかったかなと。陽天と暦珠の仲良し兄妹と、優しいお兄ちゃんの羚平に囲まれて、幼少期の嵐は幸せだっただろうなと思ってます。

oreshika_0078_20190403001308ce5.jpegoreshika_0079_201904030013094f9.jpeg
3代目当主陽天の背を追いかけ、まだ生後半年にも満たないうちに4代目当主に就任しました。

oreshika_0080_2019040300131171e.jpeg
お母さんである暦珠ちゃんや、羚平兄ちゃんに支えられながらも必死に頑張って目指したのは大江山。

oreshika_0081_20190403001344770.jpeg 
3代目の時に攻略した白骨城以外の迷宮ボスを全て打倒し、少ない家族に何かあった時の為に希望の子である鼓守を残しました。

oreshika_0082_2019040300134668f.jpeg
呪いを解く為に頑張ったのに…鬼朱点を倒しても、朱点は生きていました。嵐は本当に凹んだと思うんですよね…

oreshika_0083_20190403001347185.jpeg
それでも暦珠ちゃんの力強い遺言や、家族に再び支えられて…必死でその先を見ようとしたね。もう一回、立ち上がったその矢先に…羚平兄ちゃんの健康度が下がり始めちゃって。

oreshika_0084_2019040300134998b.jpeg
何かが崩れたのは…もしかしたらそこからだったのかなぁ。

oreshika_0085_201904030013501b9.jpeg
兄ちゃんが早くに亡くなり、機を見て若手二人に交神を頼んで、次世代の風馬の顔が見られたと思ったら…百々花ちゃんがいなくなっていました。

嵐自身も自分を責めたんじゃないかな。なんであの討伐に自分は行かなかったんだろうって。鬼が強くなってることは分かっていたのにって。

oreshika_0086_201904030013523e8.jpeg
結局、嵐は羚平が亡くなってすぐの一回討伐に出たっきり…あとは家で余生を過ごすことになっちゃいました。そのせいもあるのかな…後ろの人は嵐が小さい子供から始まり、隠居し始めた頃になると皺をつくったおじいさんでいるところを、ついはっきりと思い浮かべてしまうんですよね。それが前回の漫画の嵐の見た目にも現れてると思います。

嵐ね、こんなこと言いました。

oreshika_0087_201904030033146dc.jpeg 

…尻拭い?誰のよ。

嵐は自分を責めこそする要素はあったと思います(原因は後ろの人なので、一族のみんなは誰も悪くないんですけど)…でも、自分の人生誰かの尻ぬぐいだと思う要素、どこかにあったかなぁ…?とかね。思った訳です。

もしかしたら、神様の?朱点の?そういうことかもしれないけど…嵐の場合はさ…


鼓守に自分の尻拭いを頼んだんじゃないかなと。


大江山の鬼朱点に挑んだものの、呪いは解けなかった。
平和な世に生きる筈だった鼓守に、辛い思いをさせてしまった。
戦いが苦手だったかもしれない百々花ちゃんに、怖い思いをさせてしまった。
兄弟が先にいなくなる悲しみも分かっているのに…それを鼓守にさせてしまった。

嵐だって、何も悪くないんだよ。ないんだけど…

自分が悪いだけだったから、鼓守も家族も何も悪くない。これは、4代目当主である俺の尻拭いをするだけだから、自分を責めるな。自分を強く持って生きろって…そういうことだったのかなって。

…曲解すぎかなぁ。





そんなに自分を責めないで。

嵐は立派な当主だったよ。

彼にはただただ感謝を。

本当に今までありがとう。


20190402@嵐とヤマアラシ02 
       京の感謝小僧の人生、これにてお仕舞い

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

最新コメント