FC2ブログ

記事一覧

はじめに

妄想に妄想を塗りたくる自分用の俺屍プレイ記をここに置こうと思います。 今回の一族をプレイするにあたっての要項は以下の通りです。 【一族名由来】 頭一(ズイツ)一族漢字の1、つまり 「一」。これを「ー」(所謂伸ばし棒)に置き換えるじゃん? 「頭ー」→「ズー」→「Zoo」じゃん? 動物園じゃん? つまり、一族のお名前は基本動物に由来するもの縛りします。 当て字とかも滅茶苦茶する。...

続きを読む

1025年7月 地獄巡り討伐

当主の久磐が尊敬する鶏子ちゃんが最期にいた場所へ討伐に出かけ、それぞれの一族が間違いなく強くなっている実感を持ったり、まだまだ力不足を感じたりした先月。今回は1025年7月の頭一家の様子です。まずは術。若手二人だけですね。力不足を感じたとはいえ、ちゃんと成長はしてるんだから。うんうん、良い感じです。あと相場屋にまた品が増えてますね。そういえば最近相場屋行ってないな。今月の報告は以上!えらくあっさりです...

続きを読む

1025年6月 壁

久磐も悔しかっただろうけど、獺介たちも色々考えちゃったかもしんないな。...

続きを読む

1025年6月 白骨城討伐

先月はさい太の初陣に行ったものの、相変わらず振り回される獺介の図って感じでした。今月はじわじわ夏っぽくなってくるであろう1025年6月の頭一家の様子です。先月出かけたのが獺介とさい太だったので、真縫は久磐の訓練してたんですよね。おっ、いいじゃんいいじゃん。バランスも上がり幅も良いのでは。真縫の教え方も丁寧で分かりやすそうなイメージだな。はい、久磐も今月から戦闘参加できますね。久磐の手柄な…実はちょっと考...

続きを読む

1025年5月 相翼院討伐

亡くなった先代である瑚亜楽を氏神の伏竜頭一としてお奉りした、新しく当主となった家に来たばかりの久磐。完全な世代交代をした1025年5月の頭一家の様子です。まずは子供たちの訓練成果。それぞれのお父さんに見てもらってましたね。まぁまぁかな?ガツンと凄い勢いがあった訳じゃないけど、割と素質の凸凹が強めのさい太の能力をどれも満遍なく底あげてくれた真縫は流石という感じ。こちらは獺介と久磐親子。獺介は技土や技火は...

続きを読む

1025年4月末 九代目誕生

内容的には『1025年4月末 天女のお迎え』のほぼ直後。やっぱり久磐は家に来る直前になんか聞いてたとしか思えないんだよなぁ…この後、言い方が悪いけどイツ花も一緒になって瑚亜楽の処理したんだろうな。おまけ。久磐が当主になることについては、さい太は秒でOKした。...

続きを読む

落書きログ7

頭一さんちに関する落書きの集合体その7。プレイ記や本編以上に妄想成分が多いので閲覧注意。瑚亜楽と臣音のスーツ妄想。飯食ってるとこにガム渡すな。北天ノ頭一様は病に効くちま臣音もふもふしたくて描いた伏丸様と子陽天。百々花ちゃんと鼓守。百々花ちゃんの方がお姉ちゃんなんだよね。鶏子ちゃん。色素薄くて綺麗なお人形さんみたいな(勝手な)イメージ。羚平と百々花ちゃん親子。体格差凄そう。某所でやった表情のお題的な...

続きを読む

1025年4月末 天女のお迎え

※オリジナル設定過多瑚亜楽、きっともう最後にはそれしか見えてなかったんだろうな。豊穣種頭一様はお父さんのところへ行ったから、田力主頭一と豊穣種頭一は鏡に映る裏表。あと瑚亜楽はほら、お父さん似だから…...

続きを読む

1025年4月 休養

先月は朱ノ首輪を使って奥義を編み出しまくったものの、今の頭一家には欠かせない存在だったであろう臣音が寿命を迎え、そんな彼を新たな氏神としてお奉りしました。今回は1025年4月の頭一家の様子です。そうそう、さい太には自習しててもらってたんですよね。どうでした?お?思ったよりはできてるんじゃない?まぁお外暖かそうだし、お気楽さんな彼のことだから跳ね回り飛び回りで体動かしてただけって可能性もあるけど。はいき...

続きを読む

1025年3月末 そこにもうひとり

※相変わらずのオリジナル設定過多。牙顎鼓守の死後、刀に憑いた存在。ただし実際に見える訳ではない。とはいえ元々牙顎の所持者になった瑚亜楽にだけはその刀にいた存在は最初から見えていたかもしれないな…とはうっすら思ってはいたのですが、まぁ見えたところで彼は気にしないんだろうなって今まで特に触れることはなかったです。…ただ、臣音の遺言聞いて、神様やお化けみたいな存在が他の一族以上に臣音にとって普通のことだっ...

続きを読む